FJ DESIGN EXTERIOR

WORKS

下町の喧騒をさえぎる堅固な壁のエクステリア_北区 M様邸

最終更新日:
モダンスタイル
スタイル モダンスタイル
施工費用 約1,100万円
立地 近隣商業地域、南面に歩道付道路(北入)敷地内高低差0.5m以下 下町通り沿いの住宅地 敷地面積 約65坪

賑やかで交通量も多い下町にある戸建住宅は生活の利便性が良い反面、プライバシーを確保するのがむずかしく、エクステリアについてもできるかぎりプライバシーを確保したい、というのが多くのオーナー様のご要望です。

このM様邸はプライバシーの確保も、セキュリティー面も出来るかぎりを組み入れた、住宅密集地型のクローズドスタイルの実例です。

ヘーベルハウスの重厚感があり無駄のない四角いフォルムに合わせ、シンプルな箱型ガレージ。コンクリートの打放しの無骨な質感で質実剛健さを前面に出したクールモダンなエクステリアデザインです。

アクセントの門柱は石調のタイル張りで、高さのある壁にすることで1階の内部は完全に遮蔽されて住宅は通りの視線を気にせず生活することができます。高さは見かけで2.4Mあり乗り越えるのが難しい高さなので防犯面も安心です。
ここは通常のブロック塀ではなくRC構造体を採用しているため簡単に倒壊する心配はありません。仕上げのタイルや塗装で見えない構造部分ですが、構造の違いでどことなく重厚感が増します。

夜間のライティングは雰囲気だけでなく、視認性を上げることで怪しい人を寄せ付けない効果があります。またシャッター付きのガレージは、外から車の有無が視認されないため、留守を悟られにくい効果もあります。デザインの良さやステイタスだけではないこれらの効果もおすすめする理由です。

資料請求