FJ DESIGN EXTERIOR

WORKS

ミニマルカラー,ダイナミック構成。至福のエクステリア_瑞穂区 S様邸

最終更新日:
モダンスタイル
スタイル モダンスタイル
施工費用 約4,000万円
立地 北西2面道路、第一種中高層住居専用地域、敷地内高低差1m以内、都市近隣郊外の住宅地内

新築計画の初期プランからエクステリアが重要視されたこの物件。ハウスメーカーができることと弊社のできることを緻密に協議し、何度も設計のブラシュアップを重ねた末お客様の要望が実現しました。

オリジナルデザインの門扉。アクセントタイルはLIXILのストーンタイプコレクション

外観はモノトーンで構成されたモダンテイストで、道路に面した1階部分はほぼエクステリアであるRC造の壁で覆われています。西側の壁面と建物に貼られたポイントのタイルはLIXILのストーンタイプセレクション。タイルごとに微小な厚みの違いがあり影の落ち方が独特です。

庇、開口や矩形の縦横比。外壁、RC討ち放しの壁。色数もとことんミニマムに。
建築とエクステリア。シンクロする外観デザイン。

北側のシャッターゲートは黒い庇が大きな壁面を引き締めるデザインの要になっていますが、これも建物2階の黒いヒサシと同調したデザインです。デザインは簡潔でまったく複雑ではありませんが、全体を眺めた時に建物と壁面の面積比率やヒサシの長さや位置が、絶妙なバランスで設計されていることを発見します。エクステリアだけ・建物だけで見ることができない、不思議な感覚になります。

門は大きな建物には意外に思うほど普通サイズの片開きのドアです。道路から植木を回り込んで、にじり口を入るような感覚で扉の前に立つと、左右のガラスのスリットからちらりと内側のアプローチ階段と壁のダイナミックな空間が覗きます。夜のライトアップなら飛行場のアプローチライトのようにさらにミニマムな空間演出を楽しめます。

和のゲストルームから眺める坪庭

そのアプローチの突き当たりアイストップにはドウダンツツジとシダレモミジの坪庭が来客を迎えます。実は建物の和室の窓から別の角度でこの坪庭を見られますが、全く別の切り取られた絵のような世界です。客人はこのもてなしに2度驚くことでしょう。

さて、この住宅のエクステリア最大の見所は最大7台の入る圧巻のガレージと、広々としたリビングから続くガーデンテラスです。

タイルテラスのテラスラウンジ
トラス、スポットライト、メタリックに映えるガレージ。ライトアップは床や壁や柱の「空間」を照らす。

ガレージは、車好きなオーナーがいつも愛車を眺められるよう設計されたリビングに面したメインガレージと折半屋根とトラス梁が男前な大ガレージゾーンに分かれています。メインガレージはそのまま大ガレージに面しており、全ての車が1箇所のシャッターゲートから外へ出入りできる構成です。黒いアルミの柱とダクトレールのスポットライト、床に仕込んだ埋め込みライトなど、計画的に配置された照明がほの暗いガレージの空間に車を浮かび上がらせます。

ガレージの埋め込みライト。下からの照明がスポーツカーのフォルムを引き立てる。

リビングの南は白いタイルのテラスガーデンへとつながっています。敷地南の壁際はボーダーガーデンになっていて、オーナーお気に入りの植物がふんだんに植えられています。昼は鮮やかな草花を眺め、夜はライトに照らされたしっとりとしたリビングテラス。建築で軒を深く設けることで、タープやパラソルなどの簡易な庇と違って、多少の雨天時にもアウトドアリビングを楽しめます。建築計画からエクステリアを盛り込むことで叶った空間です。

これから建築を計画されるなら、ぜひゾーニングの段階からエクステリアにこだわってプランすることをお勧めします。

アプローチライトに誘われる夜のエントランス
資料請求