FJ DESIGN EXTERIOR

WORKS

名古屋市名東区 S様邸

最終更新日:
ベーシックスタイル

【竣工】2017.09 【工事カテゴリー】エクステリア 【住宅スタイル】ベーシック

駐車スペース壁の後ろはダイニング前のタイルテラス。

まっすぐ延びた自然石のアプローチに、天然の色合いが美しい。オープンスタイルエクステリアであっても、門柱や花壇をしっかり計画することで、“ちゃんとした”印象の外観はできる。エクステリアはちゃんと作りたいけれど、コストは抑えたいという方に参考にしたい実例。

オープンスタイルでありながら、プライバシーや建物バランスも考えられている。
門柱の後ろ空間を利用したサイクルスペース。
道側に配置したタイルテラスを遮る壁。
最小限に植えられた立ち木はバランスと目隠しを配慮し、開放的な雰囲気を保つ。

また、門柱、花壇の位置で遠近をつけ、敷地エリアを意識させ空間に立体感を作る。エクステリアのデザインで建築の重心を下に下げ、建物全体に安定感がでる。

オープンスタイルの外構にもきちんとした設計力が活かされている。

立地敷地面積|172㎡  建築面積|67㎡  施工面積|105㎡
主な設備門柱 アプローチ タイルテラス 目隠し壁フェンス ライティング カースペース 植栽

Design/Produce by  加藤 徳之

資料請求