FJ DESIGN EXTERIOR

WORKS

臥龍松の枯山水庭園

最終更新日:
日本庭園
garyu-matsu garden

新築に伴う庭園の取り壊しにあたって、枯山水の日本庭園を再構築した実例。こちらは南の主庭。景石、灯篭、臥龍の松などの主なる素材は、旧邸からの再利用。庭の規模は縮小になったが、再利用に厳選された松や岩の姿が強調される結果となった。

臥龍の松の庭

北側の副庭。和室からの眺めを意識した景色。こちらの景石も再利用品。苔むした岩肌が旧邸の時代を物語る。

主庭

灯篭既設再利用
樹木枝垂れモミジ、サクラ、ドウダンツツジ 既設再利用
サツキ、オオムラサキツツジ、寒椿、ヒイラギナンテン
景石、飛石既設再利用
砂利玉砂利白25mm

副庭

樹木
枝垂れモミジ、ツバキ
砂利白川砂利3分
景石既存再利用
竹垣オリジナル仕様

作庭:  加藤 徳之、  木村 修

資料請求