FJ DESIGN EXTERIOR

WORKS

名古屋市東区 F様邸

最終更新日:
モダンスタイル

【竣工】2018.3 【住宅スタイル】モダン 鉄骨3階建て 2世帯 ヘーベルハウス

狭小市街地の3階建住宅のエクステリア実例。ライティングが目を惹く。敷地条件から多くの構造物は作れないが、高低差を活かした階段アプローチが造形的でシンボリック。カーポートなどの設備を一切省いて徹底的にシンプルにすることで、コストとデザインを両立させている。

稲妻階段はデザインと機能の融合。

濃いブルーの外壁が、敷地空間を際立たせる。異素材もクールトーンで統一。

階段下部は、スタイリッシュな“見せる”収納スペース。

狭小の市街地で、サイクルスペースと3台の駐車スペースが要望のエクステリア実例。狭小地でも他にないカッコいい空間を作りたいが、デザインされた既製品の門柱を使うしかないと諦めている人は多いだろう。
構造物を作るスペースが無い中で、空間をデザインするのも技術である。なぜこうしたか?をいちいち説明したとして。我が家も同じように造って、と言われても造れないのである。この実例で伝えたいことは、真似できそうで絶対に同じものができない技術である。通常コストを優先してしまう部分、例えば、敷地境界の壁。がここでは「デザインに絶対に必要な要素」であったりする。また、悪条件に思いがちな「高低差」は階段というデザインシンボルをつくり出すための重要な要素で、むしろ造ってみたいと思わせる。要る・要らない。使える・使えない。物件ごとに変わる取捨選択がデザインの要であり、人が驚くような空間を産み出すヒントであったりする。

立地敷地面積|149㎡  建築面積|82㎡  施工面積|67㎡
主な設備カースペース タイル貼りアプローチ階段 植栽 ライティング エントランス 外壁

Design/Produce by  加藤 徳之

資料請求